ジュエリーブーケ

上品で華やかさを♪

個性的なブーケにあともう少し特別感をプラス!

※スワロフスキー・クリスタルもお選びいただけます。

 

もちろんお花もオーダーメイド!

貴女のお好きなお花を選んでいただきます。
 

楽しさとワクワクが一緒に!

これは体験しないと分かりません。

先ずはご予約を。

定休日 : 毎週月曜日
営業時間 : 11:00〜20:00
電話  : 0798-62-3480

 

ジュエリーブーケ 上品 華やか 個性的 ブーケ 特別感 スワロフスキー クリスタル オーダーメイド お好きなお花 ワクワク 体験 ご予約

 

 
 
パールジュエリー ジュエリーブーケ 特別感 カラーストーン クリスタル

 

ゆっくりお選びいただけます♪

慌てずにゆっくりお選びください。
1つ1つお花に当ててご覧いただきます♪
 
パールジュエリー ジュエリーブーケ 特別感 カラーストーン クリスタル

こちらの中からもお選びいただけます。

ジュエリーブーケだけの特別感!

ワクワクの楽しい時間をお過ごしください♪
カラーストーンやクリスタルを選ぶ色によって
ウェディングブーケの印象が変わります。
 
 
パールジュエリー ジュエリーブーケ 特別感 カラーストーン クリスタル

パールジュエリーもお選びいただけます♪

お花に合わせるとイメージが変わります。

ジュエリーブーケだけの特別感!

 

初回はゆっくり約2時間かけてカウンセリングいたしますので
ご遠慮なくお悩みくださいませ♪

 
お花を選ぶだけでもとても楽しいのですが、
キラキラ光るストーンを目の前にすると
女性はテンションが上がるものですよね♪
 
より上質により華やかに!
 

キラキラ オーナメント


しずく型のキラキラしたオーナメント☆

光に反射して綺麗です!

いろんな形がございますので、ブーケに合わせてお選びください。
 

ライトに当たると、とっても綺麗!
揺れる感じが見ていて飽きないですね♪

ジュエリーブーケ

ジュエリーブーケ

 
溢れるほど十分で重厚感のあるリボン

溢れるほど十分で重厚感のあるリボン

ブートニア

ブーケの下部分にあるのは、ブートニアでございます。


 

価格が高い!


価格は外部(ホテルや式場以外)の造花店に比べれば、もしかしたら高いのかも知れませんね。
ただ全てのお花を1本1本手に取って目で見て、手で触って確かめていただけるオーダーメイド店はおそらく関西では当店だけだと思われます。
実は東京など関東圏からのお客様もとても多く、そこでおっしゃられる皆様のお悩みが『お花を選べない』ということなんですね。
 
アンクラフトではそのようなお悩みの花嫁様にご満足していただけるよう、専門のスタッフが対面でじっくりお話を伺い、実際にお花に触れて確かめていただいております。
疑問は全て解決してからご注文をいただいております。
 
挙式は1日だけですが、ずっと心に残る人生において最大のステージになります。
 
そのお手伝いをしたいと私共は考えております。
 
≪手間暇をかけ、ご満足いただけるウェディングブーケをご用意させていただきたい。≫
それが、アンクラフトの思いです。
 

1回しか使わない


そうですね。1回だけですよね。
 
花嫁は ≪小さな子供の頃からの夢≫と思い描いていた時が皆様きっとあったことだと思います。
ですからその1回の為に、ご自身に合う素敵なドレスを選ばれていますね。
そのドレスに合うウェディングブーケをアンクラフトでは、いろんな角度からご提案いたします。
『ドレスに合わせたオーダーメイドブーケが欲しい!』と熱望される花嫁様に是非お話を聞かせていただきたい。
花嫁様のイメージを大切にしたいとアンクラフトでは考えております。
 
披露宴では新郎新婦様の登場の時、沢山のフラッシュを浴びて登場されますよね。
その時には飛び切り素敵な装いで皆様の前にご披露なさってくださいませ。
 
アンクラフトでは、ブーケはすでに≪ドレスの一部≫だと考えております。
 

生花と悩んでます。


生花は正に真の美しさを持っています。この美しさに勝るものはございません。
 
ただ、アンクラフトは生花ではなく造花(アーティフィシャルフラワー)を専門にお客様にご提供しております。
造花にも良さがたくさんございます。それは生花にはない≪枯れない≫こと。生花のように繊細で可憐な部分を持ちそれでいて枯れないという最大の良さがございます。
ですから、前もってお花をご覧いただいてご確認いただき、挙式当日にトラブルが無いよう全力でサポートいたします。
 
少しでも造花を気にかけてくださるのなら、一度足をお運びいただきたいです。
以前の造花は確かに安価なものばかりでしたが、現在とても精度が上がり、クオリティの高いお花になっております。
 
生花と見間違えるほどまでに至っているアーティフィシャルフラワーの魅力を是非皆様にも感じていただきたいです。